上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多忙のあまり、さっぱり更新がストップしてしまってるブログですが、
大丈夫、生きてます!(笑)

で、ひとまず、

あけましておめでとうございます!
今年もヨロシクお願いします!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


では山中城の巻のはじまりはじまり~♪
山中城址

今は建造物もなく、堀の跡や池などが残るのみ。
地形を巧みに利用した造りは天然の要害。
こういった場所を訪れるたび、昔の人の知恵ってスゴイなあと感心します。

割と高度もあるので、本丸まで一気に上がっていく感じ。
道はキレイに整備されていて、のんびり歩いてるだけでも楽しいです。
登山道みたい

城には欠かせない水場「田尻の池」
ん?水面に映った空の形…「山」って字に見える!ヮ(゚д゚)ォ!
山みっけ!

一見ゆるやかに見える坂道をひたすら登っていきます。
こういう坂がボディーブローのように後から効いてくるんだよな~(´∀`||;
あなどれない坂道

なーーーんにもなくて逆に贅沢。
ポカポカ陽気の日に弁当持参で来たい場所です。
遠足に最適な広場

藤棚発見。
花の盛りに来てみたいな~と思ってたら、
この藤棚の場所に本丸広間があったとのこと。
本丸跡

本丸と北の丸を結ぶ架け橋(復原)。
木製の橋は簡単に壊すことができるので、敵の侵入を防ぐのに有効。
架け橋

北の丸跡。
北の丸跡

城を囲む空堀。
築城時はさらにまだ2メートルは深かったらしい。
ブルドーザーもユンボも無いんだよ?人力のみだよ?
石垣も使わずにこれだけのものを造る技術。スゲーよ!ヽ(`д´;)ノ うおおおお!
空堀


山中城に来たらコレを見なきゃ!ヾ(*´∀`*)ノ
見ての通り、敵が自由に行き来できないように造られてます。
障子堀~♪
障子堀

畝(うね)堀~♪
畝堀

岱崎出丸へも足を延ばします。
くたびれた相方は駐車場に置き去りです(笑)
岱崎出丸

だれもいない道を歩いていくと寒椿がお出迎え。
寒椿と山茶花の見分けがつかん!
冬枯れの中で赤い色を見るとドキッとするなあと思ってると、
秀吉による城攻めの際、ここを守っていた家来全員が討ち死にした、と案内が出てました。
やっぱりここは城であり、戦場でもあったんだな…合掌。

気を取り直して振り返るとすばらしい眺め!雲かかってますけど(笑)
日本一の山

復原された天守がそびえる城跡も好きだけど、
山中城のように何も残ってない城跡でぼんやりするのが好き。
今年もまたそういう城をたくさん巡ってみたいなあ。
あ、もちろん山も登りますよ?
スポンサーサイト
今年も残すところあと少しになってきました。
12月ってなんでこんなに忙しいんでしょうか?
フルタイムで働いて、家では主婦もやって、
なおかつ今ちょっくら学生をしているので、一日があっという間。
久々に山に行こうと計画したら風邪でダウンするし…。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン


しかしそんな忙しい中でも「小田原城&山中城」へ行って来ましたよ!
水面の空きれいー

銅(あかがね)門をくぐります。デカイ。
平成9年に復原されてますが、当時の工法で作られてます。
金かかったやろなー(;´∀`)
銅門

天守までけっこうありそう。ひたすら登ります。
ひたすら登る

常盤木(ときわぎ)門。人が多くなってきました。
常盤木門

本丸跡に到着。
本丸跡

ちょっとした広場になってます。
売店や茶店、そしてなぜか猿もいます(笑)
いこいの広場

天守を目指してGO!
小田原城天守

例によって撮影禁止の天守内(;´Д`)
展示物を眺めながら最上階へ。
風が強いけど、眺めはサイコー!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

丹沢方面。
丹沢方面

箱根方面。
箱根方面

真鶴・伊豆半島方面。
真鶴・伊豆半島方面

この日は天気が良かったからなおさらだったのかもしれんが、
それにしてもこの眺めはすごい。
私の写真ではイマイチ感動が伝わらないと思うけど(笑)
小田原攻めの時は敵が四方から迫ってくるのが見えたんやろな…こ、怖すぎ!

再び広場に戻って記念撮影パチリ。
ああ、真横から光が…こり怖いよ?
パチリ!

小田原城をあとにし、お昼ご飯を食べに芦ノ湖へ。
相方はヒメマスとかの天ぷらののった「芦ノ湖丼」を食べてましたが、
淡水魚に心惹かれなかった私は「豚ヒレ丼」を注文。
これが意外なウマさでビックリ!
豚ヒレ丼

あーそうそう、小田原城の最上階には土産物がたくさん売ってまして、
戦国無双やら戦国BASARAやら、ゲームに乗っかった商品がいっぱい。
どう考えても「それって適正価格?」と思うような品もあったけど、
いわゆる歴女たちがめちゃめちゃ大人買いしてました。
彼女らに不景気の文字はない(笑)
いきなりですが!

人の心を瞬時に掴み、それを見た人の中に留まることを目的に作られているもの。
それがCM。

今まで私が「これ作った人、天才ちゃう?」って思った作品を紹介します。
傾向はかなり偏ってますが(笑)


『SSK野球用品』シリーズ

これは偶然弟と一緒に観ていたCMで、見終わった瞬間、
二人で顔を見合わせてニヤッとした作品。
サッカーよりも、やっぱ野球ですよ、野球!


これ、いいですね!
最後のオチが「はあ~そう来たか~」って。
おばちゃんの表情がサイコー(笑)


曲の最後、ボールがベンチに飛び込んで「うわああ!」ってなるとこがたまりません!
休日のおっさん草野球とか、リトルリーグとかの、あの独特の雰囲気を感じます。


野球便って(笑)
野球用品メーカーのCMだから当たり前なんですが、
もうただの宣伝というより愛を感じます。野球愛。

SSKのCMはこれらの他にもいくつか作品があります。
会社のHPでもCMを観ることができますし、YouTubeにもアップされてるんで、
興味があれば他の作品も是非!


『ファンタ学園』シリーズ

これは設定が面白いですね!
演じてる人たちも有名な人や美男美女とか一切使わず、
逆に冴えない感じの人たちでまとめたところが憎らしいです。
「この泥棒猫!」・・・いいです(笑)


『ホットペッパー』シリーズ

これはもう文句のつけようがないくらい素晴らしいCM。
弟からの電話の第一声が「ホットペッパーのCMみた?」で始まったことも(笑)
私が今まで観たCMの中では3本の指に入ります。天才の仕事!


『HONDA CB1100』CM

これは今まさに流れてるCMですね。
車のCMを見ない日はないけど、バイクの、それもたった一台のバイクの為だけのCM。
HONDAスゲー!って思った。
BGMがいい。エンジン音と被っても邪魔しない。
なんていう曲か調べたんですけど分かりませんでした。
大型は今まで全然興味なかったんですけど、初めて乗ってみたいと思いました。
このエンジン音、ずっと聞いてられる心地よさですよ。


というわけで、今回結局最後に何が言いたかったかっつーと、

HONDA CB1100 がエライかっこいい

っつーことでした。まわりくどくてごめん(笑)
広場にあった大きな杉の木。
根っこのとこ、なんか象の足みたいじゃないですか?
私の足ではなく(笑)
象の足みたいな木

四十丁目。
いよいよ大詰め?
ということは?(笑)

もう相方ほったらかして、うひゃうひゃ言いながらガンガン登ってます。
それくらい調子がよかったのですよ。
息が上がる一歩手前のところ、一番ふさわしいトルクを探しながら。
かなりハイテンション!

そして・・・
あまりのハイテンションに、頂上手前までほとんど写真を撮ってませんで、
気付いた時はすでに山頂付近の広場でした(笑)
気がつけば山頂付近・・・

山頂の御嶽神社。
御嶽神社

この日の山頂はあまり展望よろしくなく残念。_| ̄|○
前日に黄砂のニュースが流れていたからその影響かなあ?
ぜんぜん見えません

山頂パチリ!
山頂パチリ!

三角点は山頂から少し離れたところに。
ペタ。

ふたたび広場に戻って一休み。
おやつをもらってホウホクのあみこヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
コーヒーブレイク

下り道も快調に歩きます。
紅葉も期待してなかった割にはキレイだったです。満足!
紅葉の道

速い速い~♪あっという間に登山口に近づきます♪


で、実は登り始めに気付いてたものの、
あまりの衝撃で写真を撮り損ねてたモノがあるんです。

それがこれ↓
落ちとります(汗)
・・・なぜこんなことに?(゚Д゚;)

車体には「すでに事故として警察に届けられています」という貼り紙。
いやーマジでビックリ(゚Д゚ υ)

下山後は例の場所へ・・・ふふふ。
ネーミングがグー

一見フツーの中華屋ですが・・・騙されてはいけません!
騙されてはいけません(笑)

相方のカツ丼!どーーーん!
フタが浮いてます!(笑)
ご飯もしゃもじで押さえつけられてギュウギュウ。

そして私の味噌ラーメン!どや?!
ちなみにどんぶりの高さと同じくらいモヤシ炒めが乗ってます。
どう考えてもおかしい盛りつけ
あまりの盛りに腰ぬかすあみこ(笑)

というわけで、今回の登山のどこがストイックだったかというと・・・

ここ↓
もう食えん!

長い戦いでした・・・(笑)
久々に風邪ひいてもた・・・(;´Д`)
みなさんもうがい・手洗いはしっかりとね!

つーわけで、こないだ行った武甲山レポでございます。
登山口まではバイクでスタコラ~♪
駐車場に着いたのが遅めだったので、バイクですら停めるスペースに難儀しました。
やっぱ山は早立ちが基本ですな。
けっこう混んでた駐車場

さあここから歩き始めます。
出発よーん!

この日は晴れの予報でしたが、時々日が射す明るい曇り空という感じ。
青空が見えなくて残念~。
微妙な紅葉

武甲山には登山口から「○丁目」と文字の刻まれた石が山頂まで続いてます。
これで道迷いもなし!

この手のお知らせって、普通は下から上までで1~10なんですけど武甲山は違う!
一番下は「一丁目」で、

山頂が「五十二丁目」(´Д`υ)

五十ならまだ単純でいいんですけど、五十二ってまた微妙な数字で(´ε`;)ウーン…
登ってると次々に石が現れるんだけど、
自分がどのへんを歩いてるのか暗算してるうちに次の石が現れるという、
いかんともしがたいこの感じ(笑)

ところどころでキレイな紅葉が見られます(´∀`*)
山吹色?

歩き始めからしばらく舗装路が続いてきましたが、
ここから山らしい道が始まります。
ここから本格的な山道に

途中でかわいい木橋が掛かってました。
チョコレートの「小枝」みたい~♪
木橋を渡って

十七丁目。・・・てことは、えーと(笑)
十七丁目

この辺りから、私、なにか不思議な感覚になってきまして、
ものすごく身体が軽いというか、エンジンがかかった!みたいな。
歩くこと自体が楽しくてしょうがない!というように、
今までのトロくさい足運びと違って、足がサクサク前に出始めたんです。
・・・天狗?天狗が降りてきた?(笑)

ほいほい登ってると、水場が現れました。「不動滝」です。
不動滝

冷たい水が・・・ウマイ!ウマすぎる!(十万石饅頭のCM風に)
コップの柄はアンパンマン

こんな立派な木橋も。
金がかかってそうな橋だ

ガンガン登ります!なんかもうハイになってる私、ラララ~♪
えっさほいさ

途中、雷が落ちたらしき木に出くわしました。
落雷の木

ハイなのでハイってみます(笑)
けっこうでかい木でした

開けた広場に出ました!あと60分らしいです!
「ね」が小さいのはなぜ?
挿し絵の吹き出し部分が読めない!悔しい!(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。