上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.26 至仏山
行ってきました。至仏山へ。

しかも相方の長次郎がブログ等でお世話になっている「みさわさん」とゆっきーさんご夫婦と一緒です。

みさわさんは、もうそのブログを見て頂けるとわかりますが、
写真とか、文章とか、はっきり言って



プロ。(*´д`*)ハァ-


彼のブログを見たら、私のなんてハナクソですよ(笑)


そのうちみさわさんのブログでも今回の至仏山の模様がアップされると思われ、
同時期だと比べられてしまうかも!という、大半が自意識過剰な危機感から、
先にアップしておこうという器の小さい私(;´∀`)

つーわけで、前フリが長くなりましたが、ここから本題。


駐車場で集合した私たち。挨拶を済ませて早速歩き始めます。
予報では申し分のないお天気になる、とのことで、
見上げた空も「これから晴れまっせー」と言ってるようです。
晴れの予感

登山口、ありました~!
登山口道標

ここから出発です。
入口

木々の間から朝日を浴びた山が・・・あれが山頂?
山頂?

始めは熊笹で見えなかった景色も、高度を上げるにつれ展望が開けてきました。

あれは燧ケ岳?
燧ケ岳

至仏山の登山道は木道や階段が整備されていて、とても歩きやすいです。
途中で何ヶ所か作りたての真新しい階段があり、木材のいい匂いがしていました。
整備されている方々、ありがとうございます!
いい匂い~

オヤマ沢到着!
オヤマ沢

水場があります。
水場

さらに登っていくと・・・開けた場所に出ました!
木道の先には山頂手前にある小至仏が見えます。
小至仏に向かって

草紅葉の美しさに息をのみます。・:*:・(*´∀`*)・:*:・
草紅葉

燧ケ岳。ふもとには尾瀬の湿原。
燧ケ岳きれぇ~

景色を楽しみなが歩いていた私たちを待っていたトラバース。
え?ここ通るの?Σ(・∀・|||)ゲッ!!
つるつる岩

見た感じでは、手がかり、足がかりが十分にあるんですが・・・
この岩がくせものだったのだ!
とにかくつるっつるで、すんごく滑りやすいの!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
この岩、あとで調べたら「蛇紋岩」といって、めちゃめちゃ滑りやすい岩らしい。
しかも至仏山はこの蛇紋岩で有名で、滑落事故も多いんだそうな(汗)

トラバースを慎重に渡り、再び木道・・・な、なんて歩きやすいんだ!(涙)
ありがとう整備の人!(笑)

つるつる岩と格闘しながら、やっとこさ、小至仏山に着きました。
小至仏山

小至仏を過ぎると・・・見えた!あれが本命の山頂だ!
あれが至仏山山頂!

近づいてきました!
がんばれ!あとちょっと!

やったーーーー!山頂着いたよーーーーー!
山頂パチリ!

三角点ペタ。
ペタ。

後に燧ケ岳。
燧ケ岳をバックに

快晴の空の下、眺めはサイコーーー!゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
山頂より


この日は絶好の登山日和。
空も山も空気も、何もかもがキレイで輝いていました。
初めから終わりまで、ずっと楽しく歩くことができたのは、
みさわさん&ゆっきーさんのおかげだったと思います。

何気なく交わした言葉や、一緒に見た景色。
いつまでもずっとずっと、私の心に残るんだろうな。
この場を借りて、お二人にありがとうって言いたいです。
またいつかご一緒できるといいなあ~(*´ω`*)
あーつかれたー

あ、それからこの後、お二人にはお土産を頂きまして、
ほんとに重ね重ね、ありがとうございました!
こちらは年長者のくせして、全くそこらへんの気が利かず、
ほんとに恥ずかしかったです(恥)
じ、次回はかならず!(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://minarossi46.blog16.fc2.com/tb.php/42-ca3e0c6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。