上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多忙のあまり、さっぱり更新がストップしてしまってるブログですが、
大丈夫、生きてます!(笑)

で、ひとまず、

あけましておめでとうございます!
今年もヨロシクお願いします!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


では山中城の巻のはじまりはじまり~♪
山中城址

今は建造物もなく、堀の跡や池などが残るのみ。
地形を巧みに利用した造りは天然の要害。
こういった場所を訪れるたび、昔の人の知恵ってスゴイなあと感心します。

割と高度もあるので、本丸まで一気に上がっていく感じ。
道はキレイに整備されていて、のんびり歩いてるだけでも楽しいです。
登山道みたい

城には欠かせない水場「田尻の池」
ん?水面に映った空の形…「山」って字に見える!ヮ(゚д゚)ォ!
山みっけ!

一見ゆるやかに見える坂道をひたすら登っていきます。
こういう坂がボディーブローのように後から効いてくるんだよな~(´∀`||;
あなどれない坂道

なーーーんにもなくて逆に贅沢。
ポカポカ陽気の日に弁当持参で来たい場所です。
遠足に最適な広場

藤棚発見。
花の盛りに来てみたいな~と思ってたら、
この藤棚の場所に本丸広間があったとのこと。
本丸跡

本丸と北の丸を結ぶ架け橋(復原)。
木製の橋は簡単に壊すことができるので、敵の侵入を防ぐのに有効。
架け橋

北の丸跡。
北の丸跡

城を囲む空堀。
築城時はさらにまだ2メートルは深かったらしい。
ブルドーザーもユンボも無いんだよ?人力のみだよ?
石垣も使わずにこれだけのものを造る技術。スゲーよ!ヽ(`д´;)ノ うおおおお!
空堀


山中城に来たらコレを見なきゃ!ヾ(*´∀`*)ノ
見ての通り、敵が自由に行き来できないように造られてます。
障子堀~♪
障子堀

畝(うね)堀~♪
畝堀

岱崎出丸へも足を延ばします。
くたびれた相方は駐車場に置き去りです(笑)
岱崎出丸

だれもいない道を歩いていくと寒椿がお出迎え。
寒椿と山茶花の見分けがつかん!
冬枯れの中で赤い色を見るとドキッとするなあと思ってると、
秀吉による城攻めの際、ここを守っていた家来全員が討ち死にした、と案内が出てました。
やっぱりここは城であり、戦場でもあったんだな…合掌。

気を取り直して振り返るとすばらしい眺め!雲かかってますけど(笑)
日本一の山

復原された天守がそびえる城跡も好きだけど、
山中城のように何も残ってない城跡でぼんやりするのが好き。
今年もまたそういう城をたくさん巡ってみたいなあ。
あ、もちろん山も登りますよ?
スポンサーサイト
今年も残すところあと少しになってきました。
12月ってなんでこんなに忙しいんでしょうか?
フルタイムで働いて、家では主婦もやって、
なおかつ今ちょっくら学生をしているので、一日があっという間。
久々に山に行こうと計画したら風邪でダウンするし…。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン


しかしそんな忙しい中でも「小田原城&山中城」へ行って来ましたよ!
水面の空きれいー

銅(あかがね)門をくぐります。デカイ。
平成9年に復原されてますが、当時の工法で作られてます。
金かかったやろなー(;´∀`)
銅門

天守までけっこうありそう。ひたすら登ります。
ひたすら登る

常盤木(ときわぎ)門。人が多くなってきました。
常盤木門

本丸跡に到着。
本丸跡

ちょっとした広場になってます。
売店や茶店、そしてなぜか猿もいます(笑)
いこいの広場

天守を目指してGO!
小田原城天守

例によって撮影禁止の天守内(;´Д`)
展示物を眺めながら最上階へ。
風が強いけど、眺めはサイコー!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

丹沢方面。
丹沢方面

箱根方面。
箱根方面

真鶴・伊豆半島方面。
真鶴・伊豆半島方面

この日は天気が良かったからなおさらだったのかもしれんが、
それにしてもこの眺めはすごい。
私の写真ではイマイチ感動が伝わらないと思うけど(笑)
小田原攻めの時は敵が四方から迫ってくるのが見えたんやろな…こ、怖すぎ!

再び広場に戻って記念撮影パチリ。
ああ、真横から光が…こり怖いよ?
パチリ!

小田原城をあとにし、お昼ご飯を食べに芦ノ湖へ。
相方はヒメマスとかの天ぷらののった「芦ノ湖丼」を食べてましたが、
淡水魚に心惹かれなかった私は「豚ヒレ丼」を注文。
これが意外なウマさでビックリ!
豚ヒレ丼

あーそうそう、小田原城の最上階には土産物がたくさん売ってまして、
戦国無双やら戦国BASARAやら、ゲームに乗っかった商品がいっぱい。
どう考えても「それって適正価格?」と思うような品もあったけど、
いわゆる歴女たちがめちゃめちゃ大人買いしてました。
彼女らに不景気の文字はない(笑)
自宅から目の前にある254号線をとことこ走れば、そこは川越。
なんでも「埼玉で一番住んでみたい所」らしいじゃないですか。

つーわけで百名城のひとつ「川越城」へ行ってきました!
なんかこう、墓っぽい感じが・・・

で、城の前で浮かれた写真を撮ろうと思ってたんですが、
囲まれた川越城

力いっぱい保存工事中。。゚(゚´Д`゚)゚。
しかも来年春までガッツリやってるとのこと。_| ̄|○

仕方ないので、修復前らしき写真をパチリ!
イメージ?

いつまでも塀を眺めてる訳にはいかないので、
城の目の前にあった「三芳野神社」へ行ってみました。
どでかい看板に「とうりゃんせの唄発祥の地」とあります。
若干不気味ソングだよね

ここにはずいぶん前に一度来たことがあるんだけど、
夕暮れ近くだったのでちょっと怖い雰囲気でした。
これくらいの時間帯だと散策してる人がけっこういて、
市民の憩いの場所みたいな感じです。
三芳野天神社

めちゃくちゃ大きくて存在感のある木です。
でかい!

木のパワーをもらいます!
とりあえず抱きついとこ。

大きさ分かりますかね?
けっこう太い!

下から見上げるとこんな感じ。首が痛くなります。
登ってみたい♪

敷地内にこんもりと盛り上がった小山があり、上にあずまやが見えます。
あずま屋発見!

行ってみると意外にしっかりした作りのあずま屋です。
お日様があったかい~(*´ω`*)
陽だまり~♪

フト見ると、あずま屋の床に三角点が埋め込まれてます。
こんなところに!

もともと三角点があった場所に、後からあずま屋が建ったのかな?
とりあえず、三角点ペタ。
ペタ。

これも山頂ってカウントでいいよね?(笑)
泊まった宿の目の前には諏訪湖がどどーん!

朝方まで雨が降っていたものの、どうやら今日は晴れそうです!

諏訪湖

湖畔には足湯。
もちろん無料です(*´∀`*)
足湯

少し熱めの湯加減で、お湯に浸かっている部分がほんのり赤くなりました。
足湯堪能中


さて今日のお目当ては「松本城」でございます。
松本城入口

さあ百名城スタンプゲットだぜ!と意気込んで来ましたが、
この日はそば祭りなる催しものが開かれていて、周りは人だらけ・・・(ヽ´ω`)ゲッソリ
人を掻き分けて城に向かいます。
人込み


か、



かっこいいいいーーー!キャ━━━(゚∀゚)━━━!!

松本城

さすが国宝だけありますなあ~。
門をくぐってさらに近づきます。
門をくぐって

城が迫ってくる!
いざ!

中に入ります。
途中の階からの眺め。
いい眺め

火縄銃。
火縄銃


しかしこの日、天守内は最上階まで登る人で長蛇の列。
次の予定もあるので、今回は最上階まで行くのは断念。
山といっしょ。ダメだと思ったら撤退あるのみ。

上まで行けなかったけど、松本城には来られたんだし、
せっかくのそば祭り、おそばを食べて前向きな気分になろう!
そば

ついでに食べたジェラード。あくまでついでですよ?(笑)
ジェラード
高遠城の百名城スタンプをゲットするため、「高遠城歴史博物館」へ。
高遠城歴史博物館

駐車場周辺に、こんなのぼりがた~くさん。
暗示にかかりそうです(笑)
のぼり

右端の人物が「保科正之公」
左端は生母「お静の方」
石像

最初はこの正之さんがどーゆー人なのか全く知らんかったのですが、
博物館で資料をギロギロと拝見してビックリ。

実は彼、



徳川家光の弟です。ヒョエ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━ !!!!


弟といっても異母弟なんですけども。

あとこの博物館には「絵島囲み屋敷」があります。

絵島囲み屋敷?
何のこっちゃさっぱり分からんまま進むと、
実はあの大奥スキャンダル「絵島生島事件」の絵島が
この高遠に流されて住んでた場所、ということが判明。
思いがけず有名な人の名前が出てきたので、へえ~!へえ~!と一人で騒ぐ私。

大奥でけっこうな地位までいった人の住まいですが、
流されてきただけにすごく質素。
絵島の間

保科正之公も絵島も遠い昔の人なのに、
郷土の人たちにとても愛され、守り伝えられてるんだなあと、
ちょっとじーんとしてしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。